ぽきぽきコラム言いたいこと書きたいことなんでも。
投稿、連作、長編なんでもござれ。当然他人の悪口はダメ。どんどんメールを下さい。
戻る




兎、兎。

待合い室。われら兎たち、互いに身を寄せあって、ストーヴなしの酷い寒さをどうにかしのぎながら、来るべき自分の番を長いこと待っているのだ。一羽呼ばれては高い敷居を跨ぎ越し、ピョンピョンピョンと向こうへ跳ねていく。われら待ち兎に許されているのは、広く広くとられた天窓から差しこむ月明りばかり、それもあまりに晧晧と光が明るいのでまるい月の影さえ見えないのに、こちらはいっそう待ち遠しさを募らせることになるのだ。ピクピク立て耳して、向こうの兎たちの笑い声が聞こえないものかどうか、こちらへ投げられる呼びかけのそのはじまりの気配を把えられないものか、兎たちの表情は一様に硬くほとんど無表情に耳をそばだてている。ソラ、また一羽呼ばれていった。自分の番が近づいている、それはわずかなたよりなのだ。  それにしても、いつから兎たちは待ちはじめたのだったろうか。ほんの若い頃はみな待つことなぞ毛嫌いして、いちめん広がる菜の花畑ヶ丘で夜を徹して踊ったりしたものだったけれど、そのときの月のおもてを想えば確と見上げた験しはなかった。もっと幼い頃、これは本当にあったことなのかどうか、一つ齢上の兄と一緒にブランコを大きく漕ぎながら、いつまでも着地できない月に苛立って泣き出したものだった。水たまりに浮かんだ月へ飛びこんで白い毛を泥だらけにしたし、満月と見紛う白熱灯でやけどして全身包帯巻きになって、兄に因幡の白兎とからかわれたこともあったっけ。もうすこし、いつかわかるときが来るよ。そういう兄もいつか待つことに疲れて、最終夜行で帰りのない旅へ出てしまった。  すっかり跳ねる力も失くし、視力も失い、辛うじて聞こえない声に耳を澄ませるようになったのはいつのことか。みなして待ちあっていた兎たちともどうやらゆき別れ、自分の番とも行きちがって、いまたった一羽でいる。堪らない寒さ。なにひとつ聞こえない。と、どこからかキオルンキオルン睦みあうべく呼びかける自分の番の声に、兎はもう夢中で一跳ね向こうへ跳んでしまった。

Y.N君




ばっきんぼっきん日記 (spokey)

この前、小淵のジャスコで前田のクラッカー を発見。
前田のクラッカー→当たり前田のクラッカー→てなもんや三度笠というわけで、昭和30年代頃の、ま だ日本が貧乏だった時代のお菓子というイメージだったんですが、今でも売ってるんですね。
カルビー仮面ライダースナックの味も知らない世代の私にとって、前田のクラッカーは紀元前のビールみたいなかんじで、どんな味がするのだろうかと、その好奇心だけで購入しました。
最近は直射日光を遮断するアルミパッケージが主流の袋菓子業界(?)ですが、透明なビニールに白、ピンク、ブルーの大雑把な三色印刷がナイス!これって昔から変わらないデザインなんでしょうか?
で、食べてみましたが、ほんとに何てことのないプレーンなクラッカーなんですね。
リッツよりパサパサしてる気がするけど、カンパンみたいな感覚で食べました。
ちなみにパッケージには『前田のランチクラッカーの歌・それそれなーに』の歌詞まで印刷されてます。

 大きなエプロン 僕かして
 さあさあお仕度 出来ました
 スープに牛乳 それからね
 皆様お好み お献立
 それそれなーに それなーに
 ラララ 前田の 前田のランチ
 クラッカー クラッカー

やっぱり日本は貧乏だったんですかねぇ。せめて目玉焼きくらいつけてほしいよ。



これは飯盒?に対するご回答をK.Sさんより頂きました。


ポキポキ日記拝読しております。
唐突ながら9月17日の日記所載の飯盒ですが、画面から察するに魚釣り用の魚篭ではないでしょうか?
もっとも魚篭というのは正確ではありません。 鮒釣り用の水箱、タナゴ釣り用のタナゴ箱と、呼ばれるもので、ちょうど雲水のズダ袋のように、首から下げて使用 します。飯盒ほどの大きさとすると、タナゴ箱かと思われるのですが如何でしょう。
とはいえ、「箱」と称する ように、多くは指し物師等の手になるものなので、まず材質からして違うのですが、それらの中には、楕円の桶にこ しらえたタナゴ桶と呼ばれるものがあり、形態的にはよく似ています。また餌を収納するための中蓋があるものが一 般的なので、それらの点が符合しないといえば符合しません。
写真から察するに材質は銅(飯盒とするとアルマ イト?)のようですので、タナゴ釣りが流行っていた当時はこういう物も作られていたのかも知れませんし、あるい は「釣り好きの板金屋の職人が趣味で拵えた」というのは如何でしょう。(う〜ん、無理があるかなあ)御参考までに。 (ならないって!)
ところで、お幾らぐらいなんでしょう?

 店主感激いたしております。有難うございます。お値段は壱萬参千八百円也。




 気がつけばぷらぷらしている。
 私は今、三十路一歩手前だから、何年ほどぷらぷらしていたのだろうかと、ぽんやりと考えてみた。すると、まぁ、大体、高校生のころ。だから、かれこれ10年以上もぷらぷらしているということになるわけだ。
 当時よく、教室の下の方にある引き戸をこっそり開け、授業を抜け出し、平日の昼間の横浜をぽんやりと歩いていた。なのに、断片的な印象ばかりが強く、私が今、あのころ何を考えていたのかなんて思い出すことも無い。当時、なぜかつけていた日記も諸事情により残っていない。だから何も思い出さない。
 ただ、その断片的な印象の中に、とある喫茶店の強烈なイメージだけは残っている。横浜駅の西口、ダイエーの前あたりにあった鈴木珈琲店がそれだ。ただ、なんとなく、学生服で飛び込んだその店は、殆どの客がカウンターにある椅子に腰掛け、何を喋るでもなく、宙に彷徨うタバコの煙を眺めているか、所在無さげにもぞもぞと動いているか、珈琲カップに静かに口を付けているか…そんな店だった。私は、やはり所在無さげに、頼んだ珈琲を飲んでいたのだと思う。今考えると、平日の昼下がりに皆、ただ所在無さげな時間を過ごしていたのだ。
 今、鈴木珈琲店は無くなってしまった。所在無さげな人々は、皆何処に行ってしまったのだろう。私はいつのまにか、そんな所在無さげな時間をなくしてしまったような気がする。
 現在、ぷらぷらした折に、ちょっとした“あんな”ノスタルジーを味わおうともするが、やはりあの感覚は二度と戻ってこない。

萩野哲哉




『蜥蜴』

僕は、どうもダメなんです、
アメーバの様に殖えてはちぎれ
ビルの窓ガラスのように形成され、整頓されるのです、
毎日昼に起きて、血眼になって蜘蛛のようにタバコをさがすのです、
そして、湿気たマッチをあきらめガスコンロで火をつけるのです、
神が照らす陽の光の中、ネバネバした口は
白煙を窒息しそうな身体の中に押し込むのです、
それは野生の様に飢えていて、道化の様にふざけてもいます。
こんな猿回しの生活です、苦痛で退屈なんです。
そう、ドストエフスキーの言うように人間は恐怖と苦痛を愛しています、
苦痛を払い恐怖を得、恐怖を払い苦痛を得るのです、
その連続連鎖の中、万物は在るべき所に流れて行きます。
そして、あなたも私もそれを愛しているのです、
逃げ出すことなど考えたことも無いのです。
もう笑う事しか出来ないのです、冗談を言うしかないのです。
自暴自棄です、何を信じればいいのでしょうか?
死でしょうか?発狂でしょうか? 宗教でしょうか?
偉い人の言葉は、骨だけです、包容力なんて有りません、僕を救ってはくれません。
反対に僕を暗い穴に落とし蓋をしてしまうのです。
僕は蜥蜴にだけはなりたくないのです、永遠にその穴の中にいて、
永遠に生えてくる自分の尻尾を食べ続け
生き続けてしまいそうなのです、
人間の足音が
流れている穴の中で。


from  MR. Suzuki