ホームHOME その日日記トテチテ堂本舗生活の柄過去日記 メールE-Male

なっちょのGO!GO!絵本#2

3P/ 2P/ 1P


「子どもらしい夏休み」の絵本2冊。

夏は子どものための季節だと思う。(逆に冬は寂しがり屋の、大人のため季節だと思う。いつも以上に人の温もりが恋しくなり、人とつながりたくなる季節。)子どもが、グンと大きくなる季節。男の子なんか、骨がグギグギ伸びる音まで聞こえそうな気がする。もちろん、身体的な成長だけでなく、心も育つと思う。早朝のラジオ体操、花火・盆踊りなど、いつもよりも一日が長くなり、初体験が増えるから。また、祖父母宅への一人旅、親元を離れてのキャンプなど、一人の時間を初めて持つのも大抵夏だ。一気に、大人になることがある。
もうすぐ夏休みも終わりだけど、そんな「子どもらしい夏休み」をテーマにした絵本を2冊、紹介します。

『まほうの夏』

『まほうの夏』
(藤原一枝・はたこうしろう作 はたこうしろう絵/岩崎書店/2002年5月)

学校のプールとゲーム、麦茶にポテチ。そんな毎日に飽き飽きしてきた、東京の少年・ケイとユイ。
ある日、おじさんから手紙が届き二人でいなかへ行くことになった。さらば東京!。
2階建て以上高い建てもののない町並み、屋根の向こうにはムクムク入道雲が湧き上がっている。
いなかの子ども達とすっかり仲良くなり、虫取り・川遊び、いろんな経験をさせて貰った。元気な田舎の子ども達は、いくら走ってもへいっちゃら。ケイとユイは、もうヘトヘト。
でも、おかげでびっくりするほどご飯がおいしい。夜も、おひさまの匂いの布団でバタンキュー。
翌日は海へ行く。とにかく、全力で遊びまくる。いろんな体験が彼らを待っていた。
このまま、2学期もここにいたいなぁ…、と思い始めた兄・ケイ。けれども…。
ま、あとは読んでのお楽しみ。
とにかく、田舎の風景がすごくいいんです。空が本当に青くって、樹木が青々茂っていて、空気が美味しいのまでわかりそうな画面です。また、子ども達の表情がすごーくかわいい。
遊びのエピソードの中で、私が一番羨ましく思ったのは、どしゃぶりの夕立の中走り抜けるシーン。一度、傘もレインコートも持たず、びちょぬれになっても親に怒られることなく、遊んでみたいといつも思っていた。ちょっとそれっぽいことをすると、いつも長靴の中に水が入ってしまい、母親に怒鳴られしまっていた。だから、ケイとユイのように、全身で雨を浴びて、しかも「怒られるかな?」と思いつつ、帰宅すると、おじさんがお風呂を沸かして待っていたくれたのが、ちょっと羨ましい。

『なつのいちにち』『なつのいちにち』
(はたこうしろう作/偕成社/2004年7月)

これも、はたさんの作品。こちらははたさんのみ作者のオリジナル絵本。
そのせいか、絵でストーリーを進める感じが強いです。でも、その言葉の少なさがこの絵本を魅力的にしています。
この絵本を読む時は、読者は第三者的な視点に立つ事になります。夏を全身で満喫する少年を、そっと見守る感じになります。
今日は一人で、たった一人でクワガタムシを捕まえるぞ、と心に決めた出発です。家の引き戸から街中に飛び出し、海を通って田んぼを突き抜け、野原を越えて、神社で一休み。一息ついたら、川を越えて森の中へ。主人公の少年はクワガタムシを捕まえられたのかは、読んでのお楽しみ。
どんどん景色のサイズが大きくなり、そこに飲まれそうなに小さな少年。でも、どんどん彼の顔が逞しく凛々しく変わっていく内に、自然に飲まれるような雰囲気は消え去り、すっくと自分の2本足で大地に立っている姿に変わっていくのがとても印象的です。
こちらの本は、実際にこういった夏休みや田舎経験がある人間が読む方が愉しいかも知れません。耳が痛くなりそうな蝉の声、目がショボショボしそうなくらい強い日差し、青臭い草いきれの野原や森、それらを知らない人には言葉による説明が少ないんで、自分との距離を感じてしまうように思います。そういった意味で、大人が喜ぶ絵本かもしれません。

なかなか、この2冊の絵本のような風景に今は出会えないかもしれません。せめても、絵本の中でだけでも知っておいて欲しいと、今の子どもに対して思います。
「夏休みをきちんと愉しんだ子どもは、ちゃんとした大人になる」を持論に、今年も全力で遊びまくっている、夏生まれのなっちょでした。

おしまい。

2004/08/31

『やくそく』

『やくそく』
(成田雅子作・絵/講談社/2004年4月)

今回紹介する『やくそく』はこの春に出たばかりの本。どちらというと、おとなのための絵本だと私は思う。
作家の成田さんは、1993年度に講談社の絵本新人賞佳作に入選した方だそうで、まだ新人の絵本作家といっても構わないと思う。油絵なのだろうか、特徴的な描き込み方をしている。キャンバスなのか、下地なのかわからないけれど、地の目が面白い風合いを出している。

あらすじの紹介。今回はラストまで筋を書いてしまうので、ご了承下さい。
<物語の主人公はたった一人と一匹。ねこのよもと、ゆうじさん。よもは、ゆうじさんがだいすき。二人は森の中の、すぐ隣に池がある小さな家に住まっていた。
ところが、仕事が忙しくなったゆうじさんは、家に帰ってきても黙りこくって眠るばかり。すると、家の中にそーっと静かに変化が起き始めた。ゆうじさんに触れられなくなった物が、なくなっていく。まず最初はお気に入りだったコート、それから弾かれる事のなくなったピアノ、テーブル・いす…。
それに気付いていない様子のゆうじさんを、きっと疲れているんだと考え、よもは「ぼくと、のんびり つりでもしない?」。
ゆうじさんは、「また、こんどね。」「やくそくだよ、きっとだよ。」
けれども、ゆうじさんはますます忙しくなり、とうとう帰ってこなくなってしまった。そうなると、家もどこかへ消えてしまった。
ゆうじさんの帰りを待ち続けるよもは、家さえ消え失せ、むき出しになった茶色の大地に一人立ちつくし、「もしかしたら、ぼくも なくなっちゃうのかな。」と思う。
ある日、急に帰ってきたゆうじさんは、家もなく、釣り竿を抱きしめたよもしかいない現状に、びっくり。
「ゆうじさん、どうしてきゅうにかえってきたの。」「よもとつりのやくそくしたのを、おもいだしたんだ。」
すると、あれちにいけがぽかっと現れた。
ふたりは静かに釣り糸を垂れ、釣りを始めた。するとしずかな夜の時間、少しずつ周りが元通りに戻っていく。
「ゆうじさん、あしたも ちゃんとかえってくるの?」
「うん」
「そのつぎも そのつぎの日も?」
「きっと、おそらく……たぶんね」
しずかな夜が更けていきます。>

大人は約束を守る事が難しい。
大人は、たくさんの人の間に生きているから、いろんな約束(重いもの、軽いものetc…)をしている。それらを天秤に掛け、どれかを選ばなくてはならない。それが本意でなくても、なにかの優先順位にそって選ばなくてはならない。時には、自分の本心すら分からなくなり、間違った選択をしてしまう事もある。
それによって大事な縁を失ったり、自分に嘘を付いて苦しんだり、人を悲しませたり…。とにかく、年を取る事に約束の行使がへたっぴになる。
約束をするという事は、相手を信じる事だと私は思う。信じるという事は、相手の存在を肯定すること。
「すいか」というテレビドラマで、浅岡ルリ子演じる「教授」が言っていた台詞「いて、よし。」ではないけれど、約束し合った途端、互いが存在する意味が生まれる。
反対に、約束を破るという事は、相手を裏切る事。裏切るという事は、相手の存在を否定する事だと思う。約束を破る時、どんなに腹黒い人間でも心のどこかで約束をし合った相手を思い浮かべるだろう。でも、その存在から顔を背け、目をつぶり、いない事にして約束を破る。
その瞬間、裏切られた者はその存在を失う。消される、殺される。下手をすると、裏切った本人も自分を失う。

やくそく、とはそういう事。約束は命懸け。
殺人をしたくなければ、約束なんて結ばない事。消されたくなければ、人なんか信用しないこった。
そんな、やさぐれた考えを持ってしまった。
でも。
大人は子どもより弱虫の泣き虫の、寂しがり屋だから、安易に約束をしてしまいがちなんだ。子どもはたった一つの約束を守るために全身全霊をかけられる。
勇気凛々と。羨ましい。

終わり
2004/08/14

先日、お話会で『はたけにはなとみ』という本を読み終わった後、ボランティアさんに言われました。「なっちょさん、お野菜、好きでしょう?」と。「なんでそう思います?」と聞いたら、本当に美味しそうに、愛おしそうに私が読んでいたかららしいです。
事実、私は野菜が大好き。というより、幼い頃から「野菜を食べないと体に良くない」を擦り込まれていて、自然一日の摂取量が少ないと舌も胃袋も「野菜欠乏信号」を発令してくるんです。。お陰で、職場の健康診断は5年連続「オールA」。学校の成績で取りたかったです。
と、いうわけで、今回は「野菜が美味しそーっ!」な絵本を紹介します。

『はたけのはなとみ』
(ごんもりなつこさく/こどものとも年少版1983年8月号/福音館書店)

『トマトさん』
(田中清代/こどものとも年中向き2002年7月号/福音館書店)

『ねてるのだあれ』
(神沢利子さく 山内ふじ江え/こどものとも1993年12月/福音館書店)

『やさい』
(川上越子作・絵/すずき出版/1995年5月)

こうやってリストアップすると、こどものともの多さに驚きました。

まず、『はたけのはなとみ』。
とても写実的な絵です。構成は1ページ目に野菜の花の絵があり、「○色のはなの」との言葉に惹かれてページをめくると、その野菜の実の絵がある、といった形です。子どもに限らず、割合畑の多い土地に育った私でさえ、「枝豆の花ってむらさきなんだ」ってこの本で知ったくらいですから、花から実を連想するのはかなり難しいのです。みなさんだって、らっかせいの花が何色かなんて知らないでしょう?
そう言えば、幼稚園の時に行った落花生掘り。落花生が地中に出来ることにもびっくりしたけど、穫りたての落花生の茹でたものの不思議な味は忘れられないなぁ。いつも食べる香ばしい香りでしょっぱい味もピーナッツとはあまりにかけ離れた、ムニャムニャ感。味もボケーッとしていて、全然美味しく感じなかったんですよね。
最終ページの調理されている途中の野菜は、どれもみずみずしくて色鮮やかで美味しそうなので、ぜひ見てみて下さい。
はたけのはなとみ

『トマトさん』
これはですねぇ、あまりにインパクトのある絵にまず、びっくりして下さい。表紙めいっぱいに描かれたまつげバサバサのトマトの顔。口角はクイッと上がっていて、なかなか意志が強そうなご面相です。
作家の田中さんは美術大学卒業の方ですが、この作品では文章も書いています。この言葉がなかなかいいんです。状況が目に浮かぶようで。例えば、最初のページ、<まっかにうれたトマトさんが とまとのきから どった、とおちた。>この「どった、」という擬音、まっ赤にパッツンパッツンにうれたトマトが地面に落ちた時に出そうな音じゃないですか? あまりに重たい自分の体を持て余して泣き出したトマトさん、<ぽろりと あまい においの なみだを おとした>。ああ、本当にトマトが泣いたら、甘くって、でもちょっと青臭いような匂いの涙を流しそうです。
絵を描ける人って、ものを観察する力が人の何十倍も強いんだと思います。だから、文章を書いてもその情景を人に伝えるのが巧いのでしょう。
とかげや、カメ、ミミズの力を借りて、体を動かせたトマトさんの柔らかな笑顔!もう本当に、いますぐ完熟のトマトにかぶりつきたいって思いますよ、きっと。
このトマトさん、実はちょっと私の知り合いに似てるんですよね。だから余計愛おしいのかも。
トマトさん

『ねてるの だあれ』
これも乳幼児のお話会でよく使ってます。実はこの本に登場するのは、野菜だけではありません。しょっぱなはホオズキですから。
これも構成的に言えば、『はたけのはなとみ』と同じ。クリーム色の画面上に、たった一つの野菜や植物の実。次のページにはその中に眠る実や種を見せています。ここで、この実や種をよーく見ると、ちっちゃーな顔があるんです。わからないくらい小さな目や口がそっと描かれていて、静かに眠っている表情をみせています。これが、可愛いんですよぉ。
お話会ではそんなに細かいところまで、見せられないので読み終わって、本の紹介の時に、「気が付いた人いるかな?」と教えるとみんな「ハーイ、ハーイ、借りるぅ借りたいぃ!」と手を挙げて、じゃんけん大会になります。大仰なしかけ絵本より、いっそこういった仕掛けの方がこどもは飽きずに楽しむように思います。
秋から冬に読みたい絵本です。
ねてるの だあれ

『やさい』
この本にも、野菜に顔の表情が書いてあります。そーっと、注意してみないと気が付かないような。でも、これもちゃんと写実的です。なんだかものすごく、野菜欠乏信号が最大警戒音を発しそうなんです。超・冷凍庫からアキラが復活しそうで、博士がつい押してしまった赤いスイッチが体ン中で押されてしまった感じ。
エンドウ豆はただの塩茹でがイチバンでしょ、ミニトマトは噛むとプチッと皮が破れる感じがホオズキみたいで、中からグヂュラっと種が出てくるのがちょっとドキドキなんだよな、じゃがいも・さといも・さつまいもだったらサツマイモが好きかなぁ、肉じゃが・里芋とタコの煮物・サツマイモの蒸かしたのにバター!とかいろんな料理妄想がドドーンと押し寄せてきます。
私が献立を考える時は、冷蔵庫の中にある野菜を使うことから膨らませていきます。あ、ナスをあと2・3日中に使い切っちゃわないと。
やさい

そう、大人がおいしそーな野菜の本を、猛烈おいしそーに読めば、子どもは羨ましがり屋さんだから、きっとにんじんでもピーマンでもパクッと食べるんじゃないかな?

おしまい
2004/08/07

『かげ』

『かげ』
 篠原勝之作 / すばる書房 (1976年)

もうすぐオリンピック。ギリシャ国民は肝っ玉が据わっているのか、道路が未だに整備されていなくても「大丈夫、間に合うって」と言っているそうな。で、先日、広範囲の地区で停電すら起きたらしい。大丈夫なんか?
この「停電」って、なんかすごくドキドキするイベントだ。電力の安定した今の日本ではそうそう起きないけれど、私の子どもの頃は、夏の雷の季節、台風の来訪時、そして大雪の時、結構停電になったものだ。30分くらいは復旧せず、急いでろうそくを探し、マッチを探し(我が家は仏壇がないのでろうそくが身近になく、またタバコを吸う人間もいないためライターも存在しない)、さぁちょいとした誕生日気分だぁ!と盛り上がった頃、ポンっと電気がつくという、ギャグのような情景になる。
そんな「停電」をテーマにした、夏らしい一冊が『かげ』。
何を隠そう、作家は「鉄のゲージツ家」クマさん(たけしのだれでもピカソに出ている)。
子どもの頃、この本が大好きで年がら年中図書館から借りていた。理由はわからない。まだ、クマさんが有名でなかった頃だったし、母は、表紙の魚の骨を掴む箸を持つ手の影絵の表紙を気持ち悪がって、「たまには違う本を借りてきなさい」と言ったくらい。今、見てみるとカバー見返しに寄せられているコメントは、唐十郎氏のものだ。濃いわ。
最初のページ。
クルクル回すタイプのチャンネルのついたテレビのスイッチをプチンと押す指。「とうさんは 夕めし時 テレビを消してしまう」。そう、今はテレビに子育てをさせる時代ですが、昔食事時はテレビを消すのが当たり前だった。だからといって、会話に満ち溢れる訳でなく、食べ物に対して真剣に対峙しろ、ということなんだろうと思う。
そんな食事時、突如訪れた停電。母さんが付けてくれたろうそくは、ひっくり返した茶碗の糸尻に立っている。これは、今の人には思いつかない発想だな。少しでも高い位置の方が、照らされる範囲が広がる。今の私だったら、皿にろうそくを立て、それを何かの台の上に載せるだろう。それを茶碗をひっくり返す事で一変に済ます合理性、昔の人は発明家だ。
この物語は、ろうそくの明かりによって、いつもと違った「かげ」を生まれた子どもの空想を描いたものだ。「日常」が「非日常」になった時、子どもの脳みそン中では、いろんな空想が広がっていく。だから、地震や大雨、雷はちょっと怖いけど、反面愉しいイベントにもなる。我が兄妹は、当時流行っていた「小枝ちゃん」という人形を使って、よく「地震ゴッコ」「洪水編」などをやっていた。小枝ちゃんの大きな木のおうちが地震で倒れる、洪水で流れてしまう、それでも仲間と必死に生き抜くストーリーでよく遊んだものだ。
この物語の主人公も男の子が、カーテンのマントをはためかせ頭蓋骨のお面を付け、レコード針のようなものを握りしめ、窓から飛び出した(つもりになった)時、「あっ ちくしょう いいとこなのに」。電気がつく。水槽のポンプ音が戻り、また「日常」に引き戻される。
大抵、夢は「今いいところなのに」「これから美味しいもの食べようと思ってたのに」って時に覚める。チッ。
夏は、「非日常」が多い気がする。それは夏休みのせいか?子どもが夢見がちになる季節。

おわり
2004/07/25

『ウエズレーの国』

『ウエズレーの国』
ポール・フライシュマン作 ケビン・ホークス絵 千葉茂樹訳/アリス館 (1999年)

毎日、暑いですねぇ。いい加減気象庁も異常気象だと認めれば楽なのに、と思います。いつまで「梅雨の中休み」を通すつもりでしょうか?
私は、夏がテーマの絵本が好きです。何故なら、夏は人の気持ちを開放的にするせいか、絵本になっても自由な感じのするものが多いからです。日が長いし、 ちょっと夜遊びをしても怒られない季節だから、冒険物が似合います。
第一弾。そんな夏休みに、自分の国を作ってしまった少年の物語、『ウエズレーの国』。
黄土色の、まるで穀物袋で作ったような服を着た少年が、自分の背丈よりも大きな、まるでチューリップのような紅い花を咲かす植物の上に立っている表紙。
彼が見つめる空はとことん青く、群青に近い。それは疑いもなく夏の一日のようで。でも、そこから感じる暑さは、日本のそれとは異なり、カラッと乾いた日差しを感じる絵。
少年の名前はウエズレー。彼は街の他の男の子とは違い、ピザもコーラもだいっきらい、サッカーもしないし、街の常識である頭の両側をツルツルに剃り上げる髪型もしていません。そんな彼はやっぱりいじめられっ子。でも、彼は自分で作った発明品で、彼らのいじめを避け、逃げるのが巧かった。
ある日、彼は夏休みの自由研究に「自分だけの作物を育て、自分だけの文明を作る」ということを思いついた。翌日、庭を耕すと、夜の内に強い西風が吹き、畑に種を宿してくれた。ここはちょっと神懸かり的で、ずるい気がするんですが…。五日後出てきた芽は未知の植物で、ウエズレーは百科事典にも載っていな いその植物を大切に育てた。それには実が成り、それはなんとも美味で、また、根っこも芋のようでどんな料理にも適していた。茎からは繊維を取り布を作り、種を砕いて万能薬のような油を絞り出し、それを近所の子に販売を始めた。
自給自足の生活だけに留まらず、彼は日時計を作り独自の時間測定法を編み出し、オリジナルの遊びを考案し、最後には文字まで発明した。それは正に「ウエズランディア(ウエズレーの国)」という名前を持った国と文化を手に入れた証明だ。
そして、9月になり、学校が始まった。ウエズレーは、もう…。

ま、ラストは取っておいて、と。
しかし、外国の本の中に出てくるいじめられっ子は強い!日本のそういったテーマの本は、どちらかというと、周りの人間がいじめを止めて、歩み寄るといった内容のものが多いけど、外国のは、全然一人で平気で、いじめっ子達が次第にその魅力に引きつけられ、壁が崩壊するって感じになる。自分の世界をもった人間の強みですな。
先日亡くなった鷺沢萠さんが最後の文章・雑誌「旅」の中で、「居場所は探したって見つからない。欲しければ作ることだ」と書いていたそうだ。ちょっとそれを想い出した。

2004/07/10

今回は「絵描き」をテーマにして、絵本を紹介しようと思います。
我が家は絵描きに近い仕事を生業としている人間が多い。父は自称(あくまでも)「工業デザイナー」、兄は「ゲームデザイナー」、義姉は結構売れつつある「イラストレーター」。ちょっと、すごいでしょ?で、私はしがない図書館アルバイターもしくはフリーター。語尾だけ似てるけど、全然かっこよくないですね。
響きはかっこいいですが、この絵描きという仕事、今の世の中じゃそうそう喰っていけないのが現状です。
以前バイトをしていた古本屋に、週に2回くらい来店し、高価な画集などを含む本を売りに来ていた男性がいたんですが、彼は実は店員が値付けをしている間に店の本をくすね、それをまた別の古本屋に売るという行為をして生活をしていたらしく、それが見付かりご用となった。その彼が本を売った台帳に記入する職業は「画業」でした。それはある時は「画家」で、また別の日は「絵描き」でした。つまり、それだけ苦しい職業ってことです(本当かっ?)。

そんな「絵描きさん」は、実は絵本の世界ではしっかり生きています。でも、やっぱり貧乏さんなんだけどね。
では、私の好きな「絵描きさん」本を3冊、紹介しましょう。

『ヘリオさんとふしぎななべ』
市居みか作/アリス館 (2001年)


『ヘリオさんとふしぎなおなべ』 これは最近の本です。絵の感じも取っつきやすく、タッチはスズキコージや長谷川義史風な、書き込みが細かい作品です。
その名も「ハラ・ヘリオ」さんという画家が、ある日、食料を買うためなけなしのお金を持って街に出かけます。ところが、骨董屋で見掛けた「穴あきの鍋」の絵に一目惚れ、食べ物を買わずにそれを持って帰る事に。絵の裏を見ると、「禁 この絵にけっしてらくがきするべからず」の書き込みが。しかし、そんな事言われると落書きしたくなるのが、人間というもの。何しろヘリオさんは「絵描きさん」ですから、その鍋の穴がない方がいい絵だ思い、絵の具でその穴をつぶしてしまったのです。その夜、眠っていたヘリオさんは不思議な物音で目が覚めました。「グツグツグツ…」。それはあの鍋の絵から聞こえてくるようで
す。腹ペコで寝床についていたヘリオさん、思わず絵を見てみると、なんと鍋の中では美味しそうなシチューがふつふついっているではないですか!「ああっ、このシチューを食べるにはどうしたらよいだろうか?」。そう考えたヘリオさんは、筆を握りしめ…。
これからは、本を読む方のためにとっておきましょう。
手元に筆がある故に、貧乏画家故にハラがヘリリンコ故に、巻き込まれた大事件の物語です。
普通の人なら、思いますよね?どうしてなけなしの金で鍋の絵なんか買うのだろう?どうして、ダメだって言われているのに、落書きをしちゃうのか?って。
でも、うちのプチ絵描きを見てると、全く似たような事をするんで笑ってしまいます。お金がない!といいながら謎のオブジェを買ってくる。国語や音楽の教科書の人物写真には必ずいたずら書き。夏目漱石にホッペにぐるぐる巻き描かれ、樋口一葉が水着姿、モーツァルトがパンクロッカーになっているといった具合です。もちろん、数学の教科書の端っこにはパラパラマンガが描かれていますよ。

『フェリックス・クルーソーのふしぎなえ』
ジョン・エイジーさく/わたなべしげおやく/福武書店 (1992年)


『フェリックス・クルーソーのふしぎなえ』 これは、知り合いの古本屋でたまたま目にとまり、一目惚れした本です。ちょっとマンガタッチな絵ですが、色合いがとても綺麗。焦げ茶色の使い方が印象的です。
舞台はおパリ。国王主催の絵のコンクールが開かれ、国中の絵描きたちが絵を持ち寄りました。その中に長いあごひげを蓄え、丸眼鏡をかけた老人が一人、それがフェリックス・クルーソー。誰も彼を知りませんでした。他の絵描き達は立派に描いた国王の肖像画を持ってきたのに、クルーソーの絵は一羽の水鳥。審査員は「あほらしい」と一蹴しようとしたところ、その絵から「ぐわっ」と声が聞こえてきました。そう、クルーソーの描く絵は鳴き声を出すのです。彼は大賞を取りました。ところが、彼の作品のふしぎはそれに留まらず、絵の中のものが勝手に動き出し、外に出てくるではありませんか!たちまち有名になったクルーソー、町中に彼の絵が溢れました。
ところが、勝手に動き出す彼の絵は、さまざまなトラブルを生じさせました。街の人々は腹をたて、クルーソーを刑務所に入れられてしまいました。
彼の絵は一枚を残して、全て街から姿を消しました。その一枚がなんと…。
これも最後はとっておきましょう。
様々な目にあってもクルーソーは一言も発しません。身の回り起きる流れに逆らうでも乗りまくる訳でもなく、あくまで自然体の風来坊。これこそ絵描き道です。

『絵の中のどろぼう』
友部正人文/スズキコージ絵/ばるん舎 (1983年)


『絵の中のどろぼう』 今、この本を紹介しようと思って気付きました。これ、絵描きさんが主人公じゃなかった(汗)。でも、一応絵が題材のお話ですので、よかったら読んでみて下さい。
これは確か、スズキコージさんの展覧会で購入した本で、今通常の書店では買えないかもしれないです。
「絵の中にかくれたどろぼうがおりました。」
お話は唐突に始まります。でも、それは表紙を開いてすぐの題字も文章もないページに描かれた絵が伏線になっています。夜の町中、逃げているであろう一人の男の姿と、それを追う数人の人影。何か、不穏な香りが漂います。逃げていたどろぼうが、描き途中の絵の中に逃げ込みました。描いたつもりのない絵が描いてあるんで、気持ち悪くなった絵描きはその絵をお医者さんにあげました。お医者さんが留守になると、どろぼうは絵から抜け出し、カルテにいたずら書きをしたり、ドーナツを食べたり。腹を立てた医者は、その絵を船乗りにあげることに…。こうして、持ち主を点々とした絵が最後に行き着いたところは…。
これは、お話自体よりもスズキコージさんの絵がとても素敵です。ほんの少しセピアがかったモノクロで描かれた絵は、彼にしてはシンプルで、スズキさん自身がこのどろぼうの気分になっているんじゃないかと思われるような、愉しい丸みを帯びた線が踊っています。どろぼうがだんだんと穏やかな表情になっているように感じるのは私だけでしょうか?
さいごのスズキコージさんの著者紹介に「山羊の乳で育つ」とあるのが、非常に気になります。

一気に三冊紹介でした。(次に困るやんけ)

2004/06/15

『リキのずっこけじてんしゃ』
花輪かんじ/作 こうのこのみ/絵 偕成社 1975年

『リキのずっこけじてんしゃ』

私はこの間、夜更けに「今、死んでも何の後悔もない!」と思った瞬間がありました。
未だかつて大体において不満たらたらの人生だから、そんな感情になったことはなかったので、初体験です。
それは、他人にしてみれば、そんな事で死んでたまるかっ!って事なんですが、中学生時代からずーっとずーっと探していた絵本を見つけた事です。それが、 この『リキのずっこけじてんしゃ』です。

題名も作者も画家も、出版社すら覚えていなくて、覚えているのはあらすじだけ。(司書泣かせのレファレンスですわ)古本屋でバイトしてから、いつか出会 えるかもと常に探していたし、いつか図書館司書になったら探してやると決意していました。が、いざ図書館司書になってから、周りのいろんな人に訊いてみ てもわからない、自分の知ってる限りの検索手段を使っても見つかりません。せめても、主人公の名前でも覚えていればヒットしたのですが、それすら覚えて いないのですから、身も蓋もありません。
この本に出会ったのが図書館だったため、両親も分からずじまい。
覚えているあらすじは次の通り。
小学生くらいの男の子が、家族にうんざりして家出を思いつく。さて、家出に持って行く物は何か?
まず、自転車で旅立とう。自転車さえあれば何処へも行ける。でも、寝る時はどうすればいい?
そうだ、畳を持って行こう。それにガスコンロがあれば、料理も出来る。でも、雨がふったらどうする?
傘も持っていこう。でも、これだけじゃつまらない。飼い犬も連れて行こう、いつもが喧嘩する妹も連れて行こう…。と、いろいろ積み込んでみたら、自転車が潰れてしまった!そんな妄想をした結果、彼は家出を留まるという話。
ページを繰る事に自転車に搭載されていく、必要なようで全く無意味な物たち。2次元も3次元をも超越した構図の絵がとても印象的な絵本でした。

それがどうやって見つかったかと言えば…。
友人が働いている古本屋で、大量に絵本を仕入れたから見においでと言われました。ちょうど(?)今日はクリスマス。
暇ぁな三十路前のプチオバンは、仕事帰りフラッツフラッツと寄り道しました。
確かに古本屋にしては異常に多い絵本。一冊ずつ見てみると、これを処分した人はなんらか出版業に関わっている人ではないかと思ってしまう、超定番のラインナップ。福音館・偕成社・金の星…。それもかなりいい状態で。その中に『きつねのはぶらし』(長崎源之助/ 作 柿本幸造/絵 偕成社)を発見。幼少時結構好きだったのを想い出し、購入しました。柿本さんの絵は、どんな画材を使っているのか分からないけれど も、非常に暖かみを感じるもので、動物たちの表情がとてもいいのです。これ以外にも購入し、ホクホクしながら帰宅。(クリスマスに古本屋巡り…。)

そして、そのまま年を越えて、春を迎える頃。自宅に本が溢れてきたため、整理をしていた時、そうだ『きつねのはぶらし』買ったんだよなと、中を読んだ 後、カバー見返しのシリーズ本紹介を見た時、私はドラマのように本を床に落っことしました。
この本は「創作こども文庫」という、読み物と絵本の中間くらいシリーズで、あひるのバーバちゃんなどが出ています。そこに出ていたのが『リキのずっこけじてんしゃ』でした!
そうです、このやたら意志の強そうな少年と、リヤカーを引いたホームレスもびっくりするくらい持ち物が載った自転車。
「ああッ、これでやんすこれでやんす!今死んでも、あっしは構いませんぜ」

題名が判明した今、図書館員である私がするのは都立図書館からこれを取り寄せて、中を確認すること。週に一回しか来ない、都立便をこれほど心待ちにしたことはありませんでした。
あらすじは、記憶がそれほど間違えでなかったことがわかりましたが、妹だと思っていたのはガールフレンドのリリちゃんで、何よりびっくりしたのは、自転 車をぶっつぶすくらい荷物を積み込んだのは妄想でなく、現実にやってしまったと言う事。実は、柱まで積み込んだため、家までぶっ壊していました、リキ坊 は。
こうして、母さんに叱られ、尻を叩かれているリキ坊を助けようと加勢しているのは、ガールフレンドのリリちゃん。ママの足に噛み付いてます!そこにある 文章が最高です。
<これが ゆうじょうと いうものですよ。>
そうなんすかっ?!花輪さん。

カバー見返しにある、作者花輪完爾さんのことばが、好い。ぜひ、今のお母様方に読んで頂きたい。
<子供をそだてるとは、どうやって、じょうずに子供を親の手からはなし、家出させるかにかかっていると、ぼくはつねづね思っています。幸福な子供とは、 独立できる自力と、愛情とをもって、親からはなれることができた子供のことではないでしょうか。そういう幸福な子供は、かならず親のところへもどってく るでしょう>
ここまで言い切るあたりがすごい。家出推奨説。何より、幸福な子供かどうかが分かるのが、親から離れることができた時、っていうのに驚きました。子育て は、そこまでやって初めてなんぼであって、そうして育った子供は、必ず帰ってくる!っていう考え方、私は好きです。

2004/04/27

『リキのずっこけじてんしゃ』復刊リクエスト→ 復刊ドットコム